農地を担い手に託す。

こんなことを掲げてはや〇年

何も変わってない現状。

そんなわけで役所で現制度の説明を聞きに行ってきました。

問題は山積みですが、最大の問題は

「紙と現場が合わない場所が多すぎる。」

という現実です。

さらに紙も 登記簿 と 農業用の台帳 があるという事でしょうか。

登記簿に存在している住所にその面積の土地がないとか

土地はあるけど登記していないとか

登記簿と台帳が違っているとか

制度 法律は 当然 紙ベースで作られているので、現状と全く合致せず。

合致しないものだから、制度が使用できず。

結果農地はどうすることもできず放棄地になる。

という流れ。

すなわち、

自国の土地がどうなっているか、解っていないという現状

これは非常にゆゆしき問題

そんなんじゃ、担い手来ないよね。

おすすめの記事